• 写真:SS.L_01の容器とお酒を注いだグラス

    SS.L_01

    6,050円(税込)
    ALC.24% 500ml

    枕崎産茶葉を燻し、樽貯蔵麦焼酎に浸漬させて仕上げた香り高きプレミアムリキュール

  • 写真:SS.L_02の容器とお酒を注いだグラス

    SS.L_02

    7,040円(税込)
    ALC.37% 500ml

    枕崎らしさを追求した個性溢れる本格芋焼酎原酒

  • 写真:SS.L_03の容器とお酒を注いだワイングラス

    SS.L_03

    4,290円(税込/クール代金込)
    ALC.10% 500ml

    蒸留と醸造技術のハイブリッドな味わい。ラズベリーやスミレを思わせる芳醇な芋醸造酒 [要冷蔵]

SSL._01 枕崎産茶葉を燻し、
樽貯蔵麦焼酎に浸漬させて仕上げた
香り高きプレミアムリキュール

写真:さえみどりの葉

枕崎で開発された高級品種茶葉「さえみどり」の一番茶を贅沢に使用。渋みが少ない一方、甘味と旨味が強い特長があり酒類との相性がよいと考えた。茶葉を燻すという発想はSS.L_02で協力を仰いだ枕崎市を代表する鰹節屋「金七商店」4代目瀨﨑氏によるもの。貴重な茶葉の特長を失わず、理想とする燻香が得られるよう時間と温度の条件を発見した。燻し茶葉を得た後も様々な試行錯誤が続いた。ベースとなるお酒は麦焼酎や米焼酎をセレクト。8種類程度の試作品を試したが結果的に樽貯蔵した麦焼酎が満場一致で選ばれる事になった。

写真:抽出したお酒

当初アルコール度数が高い方が風味が抽出されると考えたが、試作品段階では辛みが出て、結果的にアルコール度数25度程度が最も香りのバランスがよいものとなった。また、一度浸漬させたものを再度蒸留するプロセスも経たが結果的には燻した茶葉を浸漬させ、最低限の濾過だけを行う事で香りや色味をそのまま届けるリキュールスペックがベストと判断した(当初予定していたスピリッツの着色度の規定を越えてしまう事とこの味わいを届けたいとの思いから、リキュールでの発売とした)。浸漬時間もラボでは2日間程度の浸漬がベストと捉えていたが、実際に製造する際は外気温が低かった事もあり、度々検査を行いながら結果的に1週間程度の浸漬期間を要する事となったが、じっくりと抽出時間をかけた事によって、しっかりと香りや色が原酒に移りこみ、納得のいく仕上がりとなった。
香りは燻香、樽香、茶葉が複雑に折り重なり、口に含むと芳醇な風味がこの順に時間差で現れる。個性的な香りを支える味わいは「温かみのある大人の甘さ」。チューリップ型、もしくは小ぶりのワイングラスでチェイサーを添えたストレートが最も味わいを感じられる。ストレートでは茶葉の香りは穏やかだが、温度が上がると後口に茶葉の風味がしっかりと出てくるので、途中で温水を加えることもお勧めしたい。もちろん最初からお湯割りにしても良い。一日の終わりに、好きな音楽を聴きながらチョコレートやナッツをお供に。

SSL._02 枕崎らしさを追求した
個性溢れる本格芋焼酎原酒

写真:さつまいも(黄金千貫)と鰹節を燻している様子

鹿児島県の南端に位置する枕崎市は、日本一の生産量を誇る鰹節と、古くから薩摩地方に伝わる焼酎造りの盛んな街として知られている。市内には40軒以上の鰹節屋が点在し、温泉街のようにあちこちで鰹節を燻す煙が立ち上っているため、芳醇な燻香がほんのりと街全体に広がっている。SS.L_02は、SS.L_01で登場した金七商店の瀨﨑氏協力のもと、原料のさつまいも(黄金千貫)を急造庫(鰹節を燻す部屋)に入れて加熱した後、薩摩酒造が明治時代より代々受け継いできた焼酎造りの技を掛け合わせる手法がとられた。急造庫に置いておく時間には細心の注意が払われた。さつまいもの水分が抜けすぎるとその後の発酵工程に影響を及ぼすため何度も状態を確認しながら慎重に作業が進められた。これらの工程を経た後にさつまいもは蔵に戻され、発酵工程を終えた後に常圧蒸留機で蒸留されて原酒が完成した。

写真:工場の外観

「SS.L_02」ではあえて原酒のまま、一切ブレンドや加水をせずに出す事とした。個性的でインパクトのある味わい。冷やしても甘味が続くのでロックをお勧めしたいが、熱めのお湯割りにする事で最大限にその個性を楽しむ事が出来る。

SSL._03 蒸留と醸造技術のハイブリッドな味わい。
ラズベリーやスミレを思わせる
芳醇な芋醸造酒

写真:エイムラサキ

ワイン酵母を使ってエイムラサキの芋焼酎を試作した際に、蒸留前の醪(もろみ)を試しに舐めてみたところ、通常の焼酎醪とは異なる非常にきれいな風味があり、それを活かした酒造りが出来ないかというのが発想のスタートであった。芋を使った醸造酒の実例は世にあるものの、薩摩酒造で製造するのは初めての試みであった。固定概念を取っ払う挑戦が始まった。清酒用の圧搾機を使用し、清澄な醸造酒を得たところ、きれいな赤紫色をしており、味や香りに非常に可能性を感じた。複数種類の麹や酵母がテストされた。また、温度管理が極めて重要になるため11月以降の比較的寒い時期に製造を開始させた。

写真:抽出している機器とオリジナルの樽

また、芋の特長を活かすために仕込みに使う芋の量も通常とは異なる比率の量が使われ、納得のいく原酒を得る事が出来た。そこから更にこだわったのが貯蔵用の樽である。薩摩酒造は焼酎業界で唯一「樽職人・樽工房・樽貯蔵庫」の全てを有する蔵元であり、今回の「SS.L_03」のために専属の樽職人がオーダーメードの手造りで1本の樽が作られた。使用する木材は通常アメリカンホワイトオークが使われるが、いくつかの木材をテストした結果選ばれたのはロシアンオークであった。他の材に比べて味わいのバランスがよかったのがこの材であったからだ。ワインで使用される樽を参考に樽の内面の焼き加減を調整して完成させた。このオリジナルの樽を活用して、合計で凡そ1年間の熟成期間を経て完成したのが「SS.L_03」である。ラズベリー等の赤系果実、熟したプラム、スミレを思わせるフローラルな香り。芋や樽、フルーティーさもバランス良く感じられ、爽やかな酸味がある事が特徴。熟成由来の深い香味も楽しめる。要冷蔵商品となっており、冷やしてそのままワイングラスに入れて楽しんで頂きたい。

  • 写真:SS.L_01の容器とお酒を注いだグラス

    SS.L_01

    6,050円(税込)
    ALC.24% 500ml

    枕崎産茶葉を燻し、樽貯蔵麦焼酎に浸漬させて仕上げた香り高きプレミアムリキュール

  • 写真:SS.L_02の容器とお酒を注いだグラス

    SS.L_02

    7,040円(税込)
    ALC.37% 500ml

    枕崎らしさを追求した個性溢れる本格芋焼酎原酒

  • 写真:SS.L_01の容器とお酒を注いだワイングラス

    SS.L_03

    4,290円(税込/クール代金込)
    ALC.10% 500ml

    蒸留と醸造技術のハイブリッドな味わい。ラズベリーやスミレを思わせる芳醇な芋醸造酒 [要冷蔵]

SS.L SATSUMA SHUZO LAB

酒の可能性を否定しない。志あるチームとスタートさせたのは実験的な試み。
ラボにあったのは、一般流通させるにはあまりに少量しか製造出来ない魅力的なサンプルや、
頭の中にだけあって形に出来ていなかったアイデアだった。
今まで出会った事のない酒を目指して。薩摩酒造ラボ発の挑戦的な新シリーズ。

写真:本坊直也

SS.L ブランドディレクター
本坊直也

東京の広告代理店に勤務した後、2017年薩摩酒造入社。商品開発やブランディング活動に従事。お酒を通じて日々の生活に驚きややすらぎ、感動を届けるべく、その可能性に挑戦し続ける。